NPO法人を立ち上げました!

NPO法人【ATWORLD】を立ち上げました。

突然ですが。

目的は、【世界中の未来を担うこどもたちに、愛と笑顔と正しい歯磨きを伝えること。】

【ミャンマーにて、孤児院支援】と、【日本のこどもを幸せにすること】が主な活動の内容です。

活動理念は、【こどもたちの未来を考えることは、地球の未来を考えること!】

とにかく、何かしらこの先の未来を担うこどもたちの、支援をしたいとおもって立ち上げました。

 

国際協力について

学生の頃、私が将来人生をかけてやりたいとおもっていたのは【国際協力】でした。

詳細はこちらに♡

特定非営利活動法人ATWORLD

たくさんの方の協力を得て、ホームページが出来上がりました!本当にありがとうございます。

世の中は必ずしも平等ではないから私は自分より恵まれた環境に生まれた人を羨ましいとおもっていたけれど、世界中のさまざまな場所へ行って、広い世界を見て、たくさんの国の友達と話せるようになって。テレビや新聞でしか見たことがなかったから現実味がなかった世界は、こんなに身近なものだったのかって、この時代にこの日本って国に生まれてこれたことだけでどれだけ幸せなことだろうって、今は真剣におもっています。ほんの少し世界の広さに触れたことで、自分の心の奥底に、より刻まれた。そうじゃなきゃわからなかった気持ちだとおもいます。もしも日本中の人が、日本に生まれてこれたことに心から感謝できたらこの国は、もっともっと素晴らしい国になって行くのではないだろうか。

 

日本の保育について

私はそんな気持ちを、ぜひこの国のこどもたちに味わって欲しいとおもっています。

この先の未来を担うこどもたちに、託したい。

例えば何の縛りもしがらみもなく、何にでもなれる何処へでも行ける何でもできる、だったら私は、

できる限り多くの場所へ行って、たくさんのものを見てたくさんの人に出会いたくさんのことを感じ、

それを伝えることで、日本に住む多くの人にもっと広い視野を持って欲しい。

特にこれからの未来を担うこどもたちの世界を広げることで、自分の立ち位置や自己肯定感を感じる力を養い、将来の日本人の幸福度を高めたい。

常日頃そう、おもっています。

2019年4月、保育園の開業を目指しています。

普通の保育園ではつまらない。

もともとは歯科衛生士として働いているとき、もっとこどもの頃からの教育をしなくては、とおもったのが始まりでした。

歯科医院に来院される患者さんの、知識が不足しているが故の疾患の多さを感じました。

幼少期に正しい知識をもってお口のケアをしていたら防げる虫歯や歯肉の病気、もちろんそうでない疾患もたくさんあるけど、”もしももっと早くあなたに出会えていたら”、大切な患者さんに対して、そうおもわない日はありませんでした。

患者さんはみんな、何にも悪くないんです。だって、正しい歯の磨き方も生活習慣も、虫歯になる前に教えてくれる人がいなかったんだもの。
だったら、毎日の生活習慣が形成される幼少期にきちんと関わり、歯の大切さを学び、実践していけるような場を作ることができないだろうか。それが、はじまりでした。

体と心の健康をコントロールできる人に、なって欲しい。

 

幼少期のこどもに関わるということ

幼少期、こどもは人生の全ての基盤を身につけます。はっきりと覚えてはいなくても、この時期の学びは彼らの頭の中に潜在的に刷り込まれているようにおもいます。食べたら歯を磨く習慣、音感や外国語の発音、などは特にこの時期に育ててあげたいと考えます。

女性が活躍できる社会

環境がなければ、こどもは増えません。本当は働きたい女性、働かなければならないのに保育園が足りない現実はまだ、改善されていません。私自身こどもがいない身であり、産まない選択をしているがゆえ、働きながら育てるお母さんたちのことをビッグリスペクトしています。

保育士のカムバック

私の友人知人だけでも、保育士免許を持っているのに保育に関わっていない、隠れ保育士さんって何人もいます。だけど彼女たちも、こんな保育がしたい、こんな園で働きたいってゆう理想があるんです。だけど様々な理由から、なかなか理想通りにならない。そのフラストレーションや勤務の過酷さゆえ保育士の離職率、高いように感じます。これからスタッフ全員で創り上げる、新しい園です。あなたの声が必要です。一緒に働いてみたいとおもってもらえる保育士さん、栄養士さん、その他経験者さま未経験者さまどんな方でも、何か感じてくださった方は一言、お気軽にメッセージをいただけませんか?